HOME >MCA無線の特徴 > 用途
About MCA

MCA無線の用途

業務に

メンテナンスや営業活動、土木工事、レッカー車、タクシー、病院の送迎、観光バス、鉄道、燃料小売、運転代行、産業廃棄物処理、セメント業、福祉施設、運送運輸食品、LPガス、生協などの配送など様々な用途に活用されています。 オプションで「モバイルスコープ」というGPS機能も付けることができますので、バス・タクシー・貨物自動車などの陸上交通事業者をはじめ、海上エリアでは内航海運事業者などにも活用することができます。

 BCP(事業継続計画)に

これまで、MCA無線機はさまざまな震災・災害でほとんどネットワークが途絶えることなく通信できました。その理由は、大きく3つあります。

  1. MCA無線機は、限定されたユーザー数なので、業務で活用している(活用できる)ユーザーしか利用していないため、携帯電話のように大多数の人が一時的に回線に集中しないこと。

  2. MCA(マルチチャネルアクセス)通信方式の無線のため、1人あたりの通話時間が短い状態(2−5分:通常30秒−1分以内が多い)。

  3. チャネルを交代で使っていくため、長時間チャネルが独占されることが無い。

そのほか、万が一、中継局のネットワークが遮断されても、中継局が独立運用できるため、中継局が運用停止しない限りローカルエリアでの通信は可能です。

このため、 固定回線、携帯電話、IP回線が途絶えたことを想定したBCP(事業継続計画)として、地方自治体の防災対策、銀行、新聞社など、企業や団体の拠点間の災害通信用にも活用されています。

MCA無線とは? >>

サービスエリア >>

BCP対策 >>